市販ローションと手作り化粧水の比較とメリット

市販ローションは玄人が作った物ですから、通常は多くの人に合う様に作られています。
製品にもよりますが、敏感、乾燥、油性、ノーマル肌タイプ用が出回っています。


中にはそれら4つの種類を無視した物があります。

美白やアンチエイジング、クマ(目の回り)用のローションですが、肌質よりも目的に限定されやすいです。

今、話題の便利な化粧水の比較に関する情報をすばやく探せます。

手作り化粧水は自分で自由に成分調節できます。



保存料を加えない限りは腐敗しやすいのが難点ですが、費用が安く済む、使いまわしが可能、たくさん使えるのがメリットです。


市販ローションと比較すると安上がりで作り方によっては、オリジナルの高機能化粧水を作れます。


作り方は様々ですが、あらかじめ乾燥ハーブやフローラルウォーター、グリセリンやジグリセリン、レシチン、エタノールを用意しておくと作りやすいと言えます。

しかし、それら全てを揃えると良い値段になりますから、材料費と比較すると市販ローションの方が安い時があるのは否定できません。

ただし、フローラルウォーターを除いては安く買える時があります。

グリセリンは900mlで千円以内、エタノールもグリセリンと比較しても値段は近いです。
一度に購入すれば良い値段にはなりますが、その後はたくさん作れるのがメリットとなります。


手作り化粧水は全身に使えますから、市販ローションで量が間に合わない時は便利なのが大きなメリットです。

ハーブは値段にピンキリがありますが、安いのを選んでいくとコスト削減に繋がります。