エタノールを多く含む製品と含まない化粧水を比較

エタノールは化粧水に添加されやすい化学物質です。中には天然原料から作られたエタノールも存在しますが、基本的には効果は同じです。利用目的は防腐や抗菌、殺菌作用や引き締めとなりますが、刺激は強いのがデメリットです。


しかし、適度に肌に付ければ逆にメリットを得られます。皮膚には雑菌やアクネ菌、古い垢が付着していますから、エタノールでそれらを除去出来るのが強みです。

化粧水の比較についての情報をまとめたサイトです。

エタノールを多く配合している化粧水は比較的に刺激は強いです。

物によっては保湿どころか乾燥の原因になりますから、注意する必要性があります。


エタノールは適量なら皮膚にメリットを与えますがストレートで付けたり、多めに塗布すると問題を招くのがデメリットです。



エタノールをたくさん配合する理由は防腐です。


通常、化学物質に菌が繁殖することは不可能と言えます。
生物ではない為、菌が侵食する隙がありません。
天然植物エキスと比較すると保存も利いて夏場に放置しても劣化しにくいです。

それだけエタノールは威力があり、菌が嫌がる成分となります。

エタノールを化粧水に少なく配合している場合は、理由がいくつかあります。

典型的な配合目的は防腐ですが、他には皮膚を引き締める目的で使うのがポイントです。少量だと皮膚にメリットを与えますから、毛穴やニキビに使えるのは良いところとなります。



比較的に刺激が強い成分ではありますが、使い方次第で皮膚を綺麗にする作用や働きかけも強みです。