コーヒー種子エキスと緑茶エキスの比較、使える化粧水

コーヒー種子エキスと緑茶エキスは刺激があります。
高濃度で化粧水に配合する事はないと思われますが、少量なら皮膚にメリットを与えるのが特徴的です。

コーヒー種子エキスにはカフェインとハイドロキノンが含まれています。

カフェインはアルカロイドの一種になりますが、飲用すると交感神経を刺激して眠りを解消する作用が有名です。

安心できる化粧水の比較関連情報を紹介しています。

しかし、皮膚に付けるとエイジングケアに期待できます。



老化が進行して弛んだ皮膚を引締める作用がありますが、同時に皮膚の血流を良くするのが強みです。
コーヒー種子エキスは比較的、使いにくいところがありますが、反面にメリットも多いと言えます。化粧水に添加するメーカーは少ないですが、効果効能は科学的に立証されているのはポイントです。


緑茶エキスにもカフェインは含まれています。


コーヒー種子エキスと比較すると使いやすく、刺激は強くないと言えます。個人差はありますが、配合量に注意さえすればかゆみや湿疹の原因にはなりません。

また、緑茶エキスにはカテキンが含まれていて、殺菌や美白効果に期待できます。

吹き出物の改善を狙えますから、美白をしながらニキビケアを成立させるのが強みです。
化粧水に添加される機会は少なくないと言えます。
コーヒー種子は刺激は強いですが、微量のハイドロキノンが含まれている為、美白にも期待することが可能です。
しかし、非常に少ない量ですから、狙うならアンチエイジングの方が良いと言えます。



比較的、ポピュラーな成分ではありませんが、美容に役立つエキスです。