化粧水成分のエラスチンとスクワランの比較、効果効能

化粧水成分の中には「エラスチン」と「スクワラン」が存在します。

化粧水の比較の情報を公開しているサイトです。

どちらも美容に良く、皮膚に馴染みやすく保湿効果や弾力を与える働きかけが特徴的です。

エラスチンは魚のヒレあたりにあるコイル状をした物質ですが、スクワランは鮫の肝臓から抽出できる親和性が高めな油です。

二つを比較するとエラスチンは化粧水にも配合できる水溶性成分がありますが、スクワランは油溶性ですべてが水と合わさる訳ではありません。親和性は高めですから、ある程度は水と混ざるのは特徴になりますが、油であることに変化は無しです。


エラスチンの効果はアンチエイジングに突出しています。人の皮膚の中には元々、エラスチンが存在しています。

しかし、幼少期あたりがピークであり、小学生高学年からは多く失われてしまいます。

成人を迎えた頃にはエラスチンはほとんど失われていますから、化粧水で補給する必要性はあります。
幼少期の子供や赤ん坊の顔にハリがあり、丸みを帯びている秘密はエラスチンが大きく関わっています。
比較的に作用が強く、重要な役割を持つのが強みです。



スクワランは主に保湿効果があります。

人の肌に馴染みやすく、使いやすいメリットがあります。

人に必要な脂肪酸を含んでいますから、顔に付けても簡単には酸化しない特徴もポイントです。
他の油と比較すると扱いやすく、乾燥肌の人に適します。



しかし、化粧水に配合する場合は多少の乳化剤は必要ですから、使う場合には刺激に注意すべきです。