保湿化粧水、グリコシルトレハロースとベタインを比較

保湿効果が高い2つの成分があります。

「グリコシルトレハロース」という特殊な糖質ですが、数滴の水を垂らしただけで大きく膨らむ性質を持ちます。皮膚に付けると水分蒸発を防いで、化粧水に配合されている水分や植物エキスを生かすのが強みです。


他の糖質と比較すると珍しい性質ですが、水分を吸収して膨らむのはトレハロースぐらいと言えます。
次に「ベタイン(トリメチルグリシン)」になりますが、これは保湿効果が強めで皮膚に刺激も与えにくい天然成分です。

ビートや海老や蟹、キノコ類に含まれてもいます。

ベタイン(トリメチルグリシン)は比較的、化粧水に配合されやすいです。

化粧水の比較の特徴についてをいくつか紹介しています。

乾燥肌の人にも敏感肌の方にも使いやすいと言えますが、根拠は科学的に証明されているからです。



古くから化粧水に添加されているベタインですが、水に溶けやすく吸湿性や保水性に特化しています。



普通のグルコースやハチミツと比較すると使いやすく、デメリットも少なめな安全成分です。

グリコシルトレハロースとの相性も良く、互いに合わせて使えば乾燥を改善しやすくなります。
保湿化粧水の中にグリセリンや糖質、ハチミツやブチレングリコール、ペンチレングリコールは添加されやすいです。

理由は保湿効果があり、原価も安いと言えるからですが、他にも保湿成分は大量にあります。


しかし、保湿を成立させる物には糖質が多めに入っているのが特徴的です。


中にはヒアルロン酸のように糖分を含まなくても皮膚を潤す有効成分はあります。


人に言いたい化粧水

コーヒー種子エキスと緑茶エキスは刺激があります。高濃度で化粧水に配合する事はないと思われますが、少量なら皮膚にメリットを与えるのが特徴的です。...

more

化粧水の情報分析

エタノールは化粧水に添加されやすい化学物質です。中には天然原料から作られたエタノールも存在しますが、基本的には効果は同じです。...

more

化粧水の対策方法

化粧水成分の中には「エラスチン」と「スクワラン」が存在します。どちらも美容に良く、皮膚に馴染みやすく保湿効果や弾力を与える働きかけが特徴的です。...

more

読めば解る化粧水

市販ローションは玄人が作った物ですから、通常は多くの人に合う様に作られています。製品にもよりますが、敏感、乾燥、油性、ノーマル肌タイプ用が出回っています。...

more